下保昭
[Kaho Akira]

1927- 日本(富山) 日本画家 1949年青甲社に入り、西山翠嶂に師事する。翌1950年第6回日展に〈港が見える〉が初入選、以後毎年日展に出品する。1962年審査員、63年には日展会員となり、67年第10回新日展では文部大臣賞を受賞。 1988年に日展を脱退し独自の活動を始める。社会的なモティーフを描いた初期の作品から、水墨が基調の幽玄の画趣深い山水画へと新境地を開く。日本芸術大賞・第一回美術文化振興協会賞・芸術選奨文部大臣賞受賞。近年は再び日本の風景に取り組み、九州・島原の普賢岳などを描いている。

下保昭[Kaho Akiraの買取

下保昭画額「彩秋」

Akira Kaho

彩色 紙本 サイン 共シール 12×18 額26.5×32.5

¥150,000
»»詳細へ
下保昭画額「彩秋」/Akira Kahoのサムネール
 
▲ページの先頭へ