児玉幸雄
[Yukio Kodama]

1916-1992 日本(大阪府) 洋画家。 関西学院大学在学中から二科展で入選を重ね、1947年、二紀会の創立に参加。1957年には41歳ではじめて渡欧し、以降フランスをはじめヨーロッパ各地に幾度も赴き、制作を続ける。人々でにぎわうパリの街角や朝市、また漁村や山村などに取材した作品には庶民的なぬくもりや生き生きとした情感があふれ、観る者を魅了している。

児玉幸雄[Yukio Kodamaの買取

児玉幸雄版画額「ブローニュの池畔」

Yukio Kodama

リトグラフ EA版 サイン 梅田画廊シール 24.5×33.5 額44.5×55.5

SOLD
児玉幸雄版画額「ブローニュの池畔」/Yukio Kodamaのサムネール

児玉幸雄画額「塔のある街」

Yukio Kodama

油彩 キャンバス サイン サムホール 「東京美術倶楽部鑑定委員会」鑑定書付 16×23 額35.5×42.5

SOLD
児玉幸雄画額「塔のある街」/Yukio Kodamaのサムネール

児玉幸雄版画額「パリの風景」

Yukio Kodama

リトグラフ 限150 サイン 32×41 額56×64

SOLD
児玉幸雄版画額「パリの風景」/Yukio Kodamaのサムネール
 
▲ページの先頭へ