吉原治良
[Jiro Yoshiwara]

1905-1972 日本(大阪府) 前衛画家。上山二郎に画を学び、二科展に参加し。 初期はデ・キリコ風の作風だったが徐々に抽象絵画に移行する。 前衛集団「九室会」結成に参加後、1954年に関西の若手画家たちと具体美術協会を結成・主催し、現代美術運動を展開した。 晩年に制作した、「黒地に白」をはじめとした大画面の円を描く作品が代表的。

吉原治良[Jiro Yoshiwaraの買取

吉原治良版画額「円」

Jiro Yoshiwara

1971年/シルクスクリーン AP版 サイン 22×27.5 額41×52.5

SOLD
吉原治良版画額「円」/Jiro Yoshiwaraのサムネール

吉原治良画額「『デモス』表紙絵・作品」

Jiro Yoshihara

「『デモス』表紙絵」 ペン、コラージュ 紙  少シミ、破れ/「作品」 ペン 紙 ヤケ 少シミ 各サイン 「日本洋画商協同組合」鑑定登録証 額26×43(合装) 額48×66

SOLD
吉原治良画額「『デモス』表紙絵・作品」/Jiro Yoshiharaのサムネール

具体8 アンフォルメル

ミシェル・タピエ/吉原治良監修

昭32年/丸善/具体編集委員会 日・仏語版 背少傷み

SOLD
具体8 アンフォルメル/ミシェル・タピエ/吉原治良監修のサムネール
 
▲ページの先頭へ