吉村益信
[Masunobu Yoshimura]

1932-2011 日本(大分県) 昭和後期の美術家。武蔵野美術学校卒。 1960年に、篠田有司男らとネオ・ダダイズム・オルガナイザーズを結成。 1962年から1966年までニューヨークに滞在し、発表を続けた。 帰国後は、ネオン管をなどを使ったライト・アートを制作し、日本万国博覧会ではディスプレイの多くを手がける。

吉村益信[Masunobu Yoshimuraの買取

吉村益信版画額「Cut Sea A」

Masunobu Yoshimura

1970年/リトグラフ 限50 サイン ときの忘れものシール 29.5×39 額47.5×62.5

¥60,000
»»詳細へ
吉村益信版画額「Cut Sea A」/Masunobu Yoshimuraのサムネール

吉村益信版画額「月月の静物-1」

Masunobu Yoshimura

1984年/シルクスクリーン 限100 サイン 28.5×32 額61×45.5

SOLD
吉村益信版画額「月月の静物-1」/Masunobu Yoshimuraのサムネール

吉村益信版画額「Transparent Ceremony」

Masunobu Yoshimura

シルクスクリーン 限200 サイン 51.5×73 額66×89

SOLD
吉村益信版画額「Transparent Ceremony」/Masunobu Yoshimuraのサムネール
 
▲ページの先頭へ