土門拳
[Ken Domon]

1909-1990 日本(山形) 写真家 1935年名取洋之助の主宰する日本工房に入って報道写真家の道を歩む。第2次世界大戦後、精密で豪快なリアリズム的作風によって写真家としての地位を築いた。また写真雑誌を通じて写真リアリズム運動を提唱しアマチュア写真家を指導する。 徹底したリアリズムにこだわった報道写真や、寺院仏像など日本の伝統文化を独特の視点で切り取った作品を発表する。 「絶対非演出の絶対スナップ」など独自のリアリズム論を提唱し、戦後写真界をリードした。

土門拳[Ken Domonの買取

土門拳プリント「安井曽太郎氏の眼」

Ken Domon

昭17年/ゼラチンシルバープリント ヴィンテージ 「安井曽太郎像」(裏面に撮影・土門拳のスタンプ 30×23.5)「窓際の安井曽太郎」(26.5×20)「アトリエの安井曽太郎」(19.5×27)

SOLD
土門拳プリント「安井曽太郎氏の眼」/Ken Domonのサムネール
 
▲ページの先頭へ