坂本善三
[Zenzo Sakamoto]

1911-1987 日本(熊本県) 洋画家 1929年に大津中学校(現:熊本県立大津高等学校)卒業後、本郷絵画研究所に入り岡田三郎助に師事。 1931年には帝国美術学校(現:武蔵野美術大学)西洋画科入学するも、3年次に中退。 戦後は風景、静物をモチーフにした写実的な半具象の作品を描くが、1957年の渡仏をきっかけに風土や生活にねざした抽象画へと移行。 「グレーの画家」と呼ばれ、グレーと黒を主体にした独自の抽象画は、東洋の寡黙・沈黙の錬金術などとも評じられる。 1986年のFIEST展(フランス、パリ)で、リトグラフィ「構成80」が専門家賞を受賞するなど、国際的にも評価が高い。

坂本善三[Zenzo Sakamotoの買取

坂本善三版画「構成」

Zenzo Sakamoto

1987年/リトグラフ 限120 サイン 32.5×45.5 S:43.5×58

¥50,000
»»詳細へ
坂本善三版画「構成」/Zenzo Sakamotoのサムネール

坂本善三版画額

Zenzo Sakamoto

リトグラフ 限100 サイン 55×44 S:70×54 額77×64.5

SOLD
坂本善三版画額/Zenzo Sakamotoのサムネール
 
▲ページの先頭へ