太田三郎
[Saburo Ohta]

1950- 日本(山形県) 現代芸術家 郵便切手や消印を用いたり、身近なものをオリジナルの切手の形にする等、郵便を素材に「時間」と「場所」の関係性をテーマとしている。 高校卒業後に上京、デザイン事務所に勤務しながら画廊を巡り、ニュー・ペインティングやミニマル・アートなどの現代美術にふれ大きな衝撃を受ける。 その後、版画を学ぶ中で普段の暮らしの中から生まれる「版画的なもの」に着目し、そこで行き着いたのが切手と消印、それらを組み合わせる様々な表現方法を発見する現在に至る。 近年は一般市民と共同制作するアート・プロジェクトを各地で展開している。

太田三郎[Saburo Ohtaの買取

太田三郎作品「Pueraria Lobata Ohwi」

Saburo Ota

1996年/枯葉 スタンプ 紙 限70 サイン 額22×27

¥50,000
»»詳細へ
太田三郎作品「Pueraria Lobata Ohwi」/Saburo Otaのサムネール
 
▲ページの先頭へ