小作青史
[Seishi Ozaku]

1936- 日本(東京) 画家 東京芸術大学油画科、同油画専攻科に学ぶ。在学中の1958年、学内で開かれた石版講習会への参加が版画制作のきっかけとなり、1961年油彩画で現代日本美術展に入選した後、内外の版画展で活躍する。 下図を基に版をつくるのでなく、版をつくりながらイメージを発展させる方法を特徴としており、人物などの形態を切り抜きそれを自由に組み合わせて幻想的な作品を生み出す。その後、石版画の持つ平版の原理を木版画や銅版画にも応用し、凸版や凹版と組み合わせるなど独自の版画技法を展開している。

小作青史[Seishi Ozakuの買取

小作青史作品「花と子供」

Seishi Ozaku

1966年/油彩 キャンバス サイン、年記 F6号 41×32

¥40,000
»»詳細へ
小作青史作品「花と子供」/Seishi Ozakuのサムネール

小作青史作品「馬と男」

Seishi Ozaku

油彩 キャンバス サイン F8号 一箇所剥落あり 46×38

¥50,000
»»詳細へ
小作青史作品「馬と男」/Seishi Ozakuのサムネール

小作青史画額「地上のつばさ」

Seishi Ozaku

1986年/油彩 キャンバス サイン 裏にサイン、年記、ドローイング 裏木枠にタイトル F6号 41×32 額50.5×41.5

¥40,000
»»詳細へ
小作青史画額「地上のつばさ」/Seishi Ozakuのサムネール

小作青史版画「国会議事堂」

Seishi Ozaku

1991年/リトグラフ 限100 サイン 50×35

¥15,000
»»詳細へ
小作青史版画「国会議事堂」/Seishi Ozakuのサムネール

小作青史画額「両手をあげて」

Seishi Ozaku

1989年/油彩 木枠に貼付した紙 サイン 裏にサイン、年記、ドローイング 77ギャラリーシール F8号 38×45.5 額41.5×48.5

SOLD
小作青史画額「両手をあげて」/Seishi Ozakuのサムネール
 
▲ページの先頭へ