山田光春
[Coshun Yamada]

1912-1981 日本(愛知) 画家 1934年東京美術学校を卒業、宮崎県に中学校教師として赴任し、宮崎美術協会創立に参加したのを契機に、瑛九を識る。 その後愛知県に戻り、1937年の第1回自由美術家協会展に「門」(ガラス絵)等6点を出品して協会賞を受賞、会友に推挙された。 ガラス絵に対する関心も深く、1948年日本硝子協会の創立に参加、以後毎年出品している。52年には創造美育協会を創立、64年に自由美術協会を退会して主体美術協会の創立に参加した。 美術教育に於ける尽力が大きく、東海地方の多くの美術文化活動に携わったほか、愛知県立女子大学、大垣女子短期大学などで教鞭をとった。 「瑛九 評伝と作品」の著者。

山田光春[Coshun Yamadaの買取

お探しの商品は見つかりませんでした

 
▲ページの先頭へ