川端康成
[Yasunari Kawabata]

1899-1972 日本(大阪府) 小説家。東京帝大国文科卒。「新思潮」に発表した「招魂祭一景」で認められ、横光利一らとともに「文芸時代」を創刊。日本ペンクラブ会長。文化勲章受章。1968年、ノーベル文学賞受賞。1972年4月ガス自殺(遺書はなし)。著作に「伊豆の踊子」「雪国」「千羽鶴」「山の音」など。

川端康成[Yasunari Kawabataの買取

川端康成書額「無生」

Yasunari Kawabata

毛筆 模様紙 巌谷大四宛為書 36×24 額58×45.5

SOLD
川端康成書額「無生」/Yasunari Kawabataのサムネール

古都 東山魁夷自筆表紙絵装 特装本

川端康成著 東山魁夷画

昭48年/牧羊社 限30 東山魁夷自筆表紙絵「光悦垣」装幀及び木版口絵、題字 毛筆署名 帙 外函欠

SOLD
古都 東山魁夷自筆表紙絵装 特装本/川端康成著 東山魁夷画のサムネール

定本 雪国

川端康成

昭46年/牧羊社 毛筆署名及び識語「国境の長いとんねるを抜けると雪国であった 夜の底が白くなった」 限30 総革装 二重函

SOLD
定本 雪国/川端康成のサムネール

感情装飾

川端康成

大15年/金星社 初版 函(少汚れ) 裏表紙少シミ

SOLD
感情装飾/川端康成のサムネール
 
▲ページの先頭へ