建畠覚造
[Kakuzo Tatehata]

1919-2006 日本(東京都) 彫刻家の建畠大夢の長男として生まれ、1941年に東京美術学校彫刻科を卒業する。1953年から1955年までフランスに留学し、サロン・ド・メ(Salon de Mai)などに出品。帰国後に金属を利用した幾何学的な造形を追求、50年代の日本抽象彫刻のパイオニ アとして活躍した。1959年から多摩美術大学の教授として後進を指導。純粋で端正でありながらユーモアあふれる作品は高村光太郎賞、中原悌二郎賞、ヘンリー・ムーア大賞展特別賞等、国内外の賞を多数受賞し、2005年には文化功労者として顕彰された。

建畠覚造[Kakuzo Tatehataの買取

河原温/建畠覚造/三井永一/東俊二/瀬木慎一寄書

On Kawara/Kakuzo Tatehata/Eiichi Mitsui/Syunji Azuma/Shinichi Segi

1958年/ペン 紙 各サイン 各36×25.5 各額装(5面組)

高額商品のため価格はお問い合わせください
河原温/建畠覚造/三井永一/東俊二/瀬木慎一寄書/On Kawara/Kakuzo Tatehata/Eiichi Mitsui/Syunji Azuma/Shinichi Segiのサムネール

建畠覚造版画「現代美術 一つのアンソロジー」より

Kakuzo Tatehata

1980年/シルクスクリーン 限200 サイン 18×17.5 S:25×25

SOLD
建畠覚造版画「現代美術 一つのアンソロジー」より/Kakuzo Tatehataのサムネール

建畠覚造「おるがん」

Kakuzo Tatehata

1968年/ブロンズ 刻サイン 共箱 H14.5×7×10.5(台座含)

SOLD
建畠覚造「おるがん」/Kakuzo Tatehataのサムネール
 
▲ページの先頭へ