志賀直哉
[Naoya Shiga]

1883-1971 日本(宮城県) 小説家。東京府育ち。1900年より内村鑑三門下であったが、後にキリスト教を離れる。1910年東京帝大を中退して武者小路実篤らと「白樺」の創刊に参加、「網走まで」を発表。父親との確執・解消までを描いた「和解」などにより独創的なリアリズム文学を樹立した。芥川龍之介は、志賀の小説を高く評価し自分の創作上の理想と呼んだ。「小説の神様」と評され、多くの作家に影響を与えた。代表作に「城の崎にて」「暗夜行路」等がある。文化勲章受章。芸術院会員。

志賀直哉[Naoya Shigaの買取

志賀直哉書簡・校正添削草稿

吉岡達夫宛 ペン書 封筒付 ペン書200字詰14枚完 小説「百舌」を再録する際の関連書簡と校正草稿に署名と自筆の添削

SOLD
志賀直哉書簡・校正添削草稿/のサムネール
 
▲ページの先頭へ