斎藤茂吉
[Mokichi Saito]

1882-1953 日本(山形県) 近代短歌を確立した歌人。開業医であった親戚、斎藤紀一のもとで(後に養子縁組)一高から東大に学び精神科医となる。一方、中学時代から和歌に興味を持ち、正岡子規の影響を強く受けて作歌に熱中する青年時代を送った。代表的歌集に「赤光」「あらたま」「ともしび」「白き山」など。「柿本人麿」ほか評論も多数。

斎藤茂吉[Mokichi Saitoの買取

斎藤茂吉草稿「在原業平論」

昭8年/毛筆400字詰25枚完及び文献追加1枚 「短歌研究」掲載

¥300,000
»»詳細へ
斎藤茂吉草稿「在原業平論」/のサムネール

斎藤茂吉葉書

Mokichi Saito

相馬信子宛 毛筆4枚

¥50,000
»»詳細へ
斎藤茂吉葉書/Mokichi Saitoのサムネール

歌集 赤光

斎藤茂吉

大2年/東雲堂書店 初版 カバー(上部傷み裏打)

¥324,000
»»詳細へ
歌集 赤光/斎藤茂吉のサムネール

斎藤茂吉短冊

Mokichi Saito

「春の雲かたよりゆきし晝つかたとほき真菰に雁しづまりぬ」 斎藤茂太鑑定シール付 「白桃」所収 桐箱

SOLD
斎藤茂吉短冊/Mokichi Saitoのサムネール

斎藤茂吉草稿「長塚節全集 解説」

毛筆200字詰6枚完 佐藤佐太郎題箋 帖仕立 帙

SOLD
斎藤茂吉草稿「長塚節全集 解説」/のサムネール

斎藤茂吉短冊

「大き聖いましし山ゆながれくる水ゆたかにて心楽志も」 絹本 裏面に毛筆裏書「昭和五年十二月」 「ともしび」所収

SOLD
斎藤茂吉短冊/のサムネール
 
▲ページの先頭へ