柳原白蓮
[Byakuren Yanagiwara]

1885-1967 日本(東京府) 歌人。本名は宮崎燁子(あきこ。旧姓は柳原)。 大正三美人の1人。父は柳原前光伯爵。大正天皇の生母である柳原愛子の姪で、大正天皇の従妹にあたる。華々しい家系にありながら、望まぬ結婚と離婚を強いられ、運命に翻弄されながらも、佐々木信綱の門下生として短歌や詩、随筆などに才能を発揮するとともに、その美貌から筑紫の女王と呼ばれる。 1920年運命の人宮崎龍介と知り合い、いわゆる「白蓮事件」を巻き起こす。 近年ではNHKのドラマ「花子とアン」に登場人物の一人として描かれ話題となる。

柳原白蓮[Byakuren Yanagiwaraの買取

柳原白蓮扇面2

Byakuren Yanagihara

毛筆 自題タトウ付

¥50,000
»»詳細へ
柳原白蓮扇面2/Byakuren Yanagiharaのサムネール

柳原白蓮扇面1

Byakuren Yanagihara

毛筆 自題タトウ付

¥50,000
»»詳細へ
柳原白蓮扇面1/Byakuren Yanagiharaのサムネール
 
▲ページの先頭へ