濱谷浩
[Hiroshi Hamaya]

1915-1999 日本(東京) 戦前戦後を通じて日本を代表する写真家。 主として、報道写真系統の作品、特に、日本(人)を対象とする写真を多く撮影した。日本の風土と人を撮影し始め、戦後まで続くライフワークとなった。 1954年『裏日本』の撮影を開始。1955年富山県「アワラの田植え」を『中央公論』に発表。胸まで泥につかる田植えの写真は、排水工事など改善のためのきっかけをつくった。1956年日本各地を「見る」というテーマで『中央公論』のグラビアを担当。後の公害問題につながる各地の危機的な状況を報告。1960年にはマグナム・フォトの日本人初となる寄稿写真家となった。

濱谷浩[Hiroshi Hamayaの買取

濱谷浩プリント額「歌ってゆく鳥追い」

Hiroshi Hamaya

ゼラチンシルバープリント 10.5×15 額30.5×35

SOLD
濱谷浩プリント額「歌ってゆく鳥追い」/Hiroshi Hamayaのサムネール
 
▲ページの先頭へ