猪熊弦一郎
[Genichiro Inokuma]

1902-1993 日本(香川県) 「絵として美しいこと」を追求し続けた洋画家。 東京美術学校で、藤島武二に学ぶ。 1938年の渡仏、1955年の渡米以降、ニューヨークに20年逗留。 絵画表現の追求の一方、上野駅の大壁画、三越の包装紙のデザインなど多岐に渡って活躍した。

猪熊弦一郎[Genichiro Inokumaの買取

猪熊弦一郎画額「Work」

Genichiro Inokuma

1960年/油彩 紙 サイン 27.5×35.5 額44.5×52

SOLD
猪熊弦一郎画額「Work」/Genichiro Inokumaのサムネール

猪熊弦一郎版画額

Genichiro Inokuma

1978年/リトグラフ/コラージュ 限50 サイン 35×25 額64×48.5

SOLD
猪熊弦一郎版画額/Genichiro Inokumaのサムネール

猪熊弦一郎版画額「石の会話」

Genichiro Inokuma

1990年/リトグラフ 限150 サイン 58×48

SOLD
猪熊弦一郎版画額「石の会話」/Genichiro Inokumaのサムネール

猪熊弦一郎画額「車輪都市」

Genichiro Inokuma

1981年/水彩 鉛筆 サイン(裏面にもサイン、タイトル、年記) 26×23 額44.5×37

SOLD
猪熊弦一郎画額「車輪都市」/Genichiro Inokumaのサムネール

猪熊弦一郎色紙額「馬をつれた人物(仮題)」

水彩 サイン 26×23 額41.5×38.5

SOLD
猪熊弦一郎色紙額「馬をつれた人物(仮題)」/のサムネール

猪熊弦一郎版画額「猫との関係」

Genichiro Inokuma

1990年/リトグラフ 限150 サイン 56.5×47 額77×67.5

SOLD
猪熊弦一郎版画額「猫との関係」/Genichiro Inokumaのサムネール
 
▲ページの先頭へ