神原泰
[Tai Kanbara]

1898-1997 日本(東京都) 詩人、画家 中央大学を卒業後、詩人として活動。 イタリアの未来派運動に興味をもち、研究の傍ら絵画の制作をはじめる。 1917年、第4回二科展に「麗はしき市街、おゝ複雑よ いらだちよ」を発表し、入選。 1920年、初めての個展に際し「第1回神原泰宣言書」を発表、当時の既成画壇とその様式を否定する。 1922年には、古賀春江、矢部友衛、中川紀元らと前衛グループ「アクション」を結成。 大正期の前衛芸術運動のリーダーの一人。

神原泰[Tai Kanbaraの買取

神原泰画額「シンガポール・乳房 作品4」

Tai Kanbara

油彩 キャンバス 裏木枠ににサイン、タイトル F20号 61×73 額65×77

¥200,000
»»詳細へ
神原泰画額「シンガポール・乳房 作品4」/Tai Kanbaraのサムネール

神原泰画額「神々のいる風景」

Tai Kanbara

水彩 紙 裏にサイン、タイトル 裏板にもサイン、タイトル 43×51 額65.5×73.5

SOLD
神原泰画額「神々のいる風景」/Tai Kanbaraのサムネール
 
▲ページの先頭へ