稗田一穂
[Kazuho Hieda]

1920- 日本(和歌山) 画家 父はデザイナーの稗田耕一(号・彩花)。その後大阪に転居、9歳から阿倍野橋洋画研究所に通う。1933年、大阪市立工芸学校工芸図案科に入学。卒業後上京、東京美術学校日本画科に入学。 1943年、戦時体制のため繰上げ卒業。その後山本丘人に師事。1948年、丘人、上村松篁らが創造美術を結成し、第1回展より出品、奨励賞受賞。1951年、新制作協会日本画部が発足。1970年東京芸術大学美術学部日本画科助教授、1972年教授。1974年新制作協会を脱退、創画会を結成。2001年文化功労者。幻想性と詩情性をあわせもつ作品を発表している。

稗田一穂[Kazuho Hiedaの買取

稗田一穂画額

Kazuho Hieda

彩色 色紙 サイン 26.5×23 額45×42

¥60,000
»»詳細へ
稗田一穂画額/Kazuho Hiedaのサムネール
 
▲ページの先頭へ