芹沢銈介
[Keisuke Serizawa]

1895-1984 日本(東京) 染色工芸家。琉球紅型の影響を受けた独自の型染を完成。 1931年雑誌「工芸」創刊号の装幀を担当し、柳宗悦らと民芸運動に参加。その後、国展を中心に作品を発表。 「型絵染」で重要無形文化財保持者認定。文化功労者。装丁や挿絵等の仕事にも型絵染の特色を生かした。

芹沢銈介[Keisuke Serizawaの買取

芹沢銈介板絵「秋さぶ 夏をへて」

Keisuke Serizawa

求龍堂 彩色 板 サイン 函(朱筆で弐拾弐とあり)

¥40,000
»»詳細へ
芹沢銈介板絵「秋さぶ 夏をへて」/Keisuke Serizawaのサムネール

芹沢銈介板絵「大願成就」ねこ図

Keisuke Serizawa

求龍堂 彩色 板 サイン 函(拾弐)

¥40,000
»»詳細へ
芹沢銈介板絵「大願成就」ねこ図/Keisuke Serizawaのサムネール

新版 絵本どんきほうて 特製保存版

芹沢銈介

保存用私家版 型絵染30葉(各手彩色、毛筆題、印 シートサイズ 33.5×45)及び表紙 封筒(題名、印) 金守世士夫旧蔵

SOLD
新版 絵本どんきほうて 特製保存版/芹沢銈介のサムネール

芹沢銈介装幀集 全10帙揃

芹沢銈介

1968年/吾八 自選10集80図揃 限250 全10帙 桐箱2箱 完全揃

SOLD
芹沢銈介装幀集 全10帙揃/芹沢銈介のサムネール

極楽から来た挿絵集

芹沢銈介画 佐藤春夫作

1961年/吾八 型絵染173葉内手彩35葉 限100の内家蔵本 和装本 帙 函

SOLD
極楽から来た挿絵集/芹沢銈介画 佐藤春夫作のサムネール
 
▲ページの先頭へ