萩原恭次郎
[Kyoujiro Hagiwara]

1899‐1938 日本(群馬) 詩人。 前橋中学卒業後1922年に上京。23年、岡本潤・壺井繁治らとアナーキズム詩誌《赤と黒》を創刊、次いで詩誌《ダムダム》や前衛美術雑誌《マヴォ》に参加するなどアナーキスト詩人として活躍。25年、詩集《死刑宣告》を刊行したが,その虚無的な狂躁と、大小の活字や記号を駆使したダイナミックな紙面構成とは詩壇に大きな衝撃を与えた。

萩原恭次郎[Kyoujiro Hagiwaraの買取

萩原恭次郎書簡額

Kyojiro Hagiwara

昭12年/高橋洋三宛 ペン書2枚 封筒付 額36.5×96.4

¥300,000
»»詳細へ
萩原恭次郎書簡額/Kyojiro Hagiwaraのサムネール

萩原恭次郎葉書20枚

萩原恭次郎

昭12年/高橋澤三宛 ペン書20枚 葉書の表裏を剥がし台紙に貼付

¥350,000
»»詳細へ
萩原恭次郎葉書20枚/萩原恭次郎のサムネール
 
▲ページの先頭へ