萩原英雄
[Hagiwara Hideo]

1913 - 2007(山梨県) 画家、版画家。中学の頃より油彩画を始める。文化学院美術部を経て、1933年、東京美術学校油絵科へ入学。 戦後は油彩画を中心に制作活動に励むが、1953年に肺結核に倒れ、3年間の療養生活を送る。その生活の中、画風が写実から抽象へと移行し、また木版画制作も開始。 多彩な技法に基づいた独自の木版画は、国内外での評価も高い。 1960年に第2回東京国際版画ビエンナーレで神奈川県近代美術館賞、1962年にルガノ国際版画ビエンナーレでグランプリなど、多数受賞。 1979~90年まで日本版画協会理事長を務める。

萩原英雄[Hagiwara Hideoの買取

萩原英雄版画「熱帯魚」

Hideo Hagiwara

1957年/木版画 限100 サイン 27×38.5 S:30×42

¥50,000
»»詳細へ
萩原英雄版画「熱帯魚」/Hideo Hagiwaraのサムネール

萩原英雄版画額「EXPO 70」

Hideo Hagiwara

1969年/木版画 限100 サイン 34×53.5 額56×74.5

SOLD
萩原英雄版画額「EXPO 70」/Hideo Hagiwaraのサムネール
 
▲ページの先頭へ