谷川晃一
[Kouichi Tanikawa]

1938- 日本(東京都) 画家、美術評論家。 中学2年の頃より画家を志し、独学で絵を学ぶ。1964年読売アンデパンダン展への出品がデビューとなる。 1960年代後半には、美術批評などの文筆活動もはじめる。 1988年、東京から伊豆高原に転居。画家・宮迫千鶴(妻)と1993年に伊豆高原アートフェスティバルを立ち上げる。 形式にとらわれることなく、自分が何をやりたいのか、何をやるべきなのかという事を動機とし、絵画のみならず絵本や陶器制作といった多彩な活動を行っている。

谷川晃一[Kouichi Tanikawaの買取

谷川晃一銅版画集「メリーゴーランド」

Koichi Tanikawa

1993年/グリーングラフィックス 限40 銅版画5枚(各サイン) 袋付 4.5×5.5 S:10×9

¥30,000
»»詳細へ
谷川晃一銅版画集「メリーゴーランド」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「夏の湖水」

Koichi Tanikawa

2011年/アクリル 紙 サイン 裏にもサイン、タイトル、年記 9.5×7 額27.5×22.5

¥20,000
»»詳細へ
谷川晃一画額「夏の湖水」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「球根の会話」

Koichi Tanikawa

1986年/パステル 紙 サイン 年記 ギャルリーユマニテシール 39.5×54.5 額58×71

¥40,000
»»詳細へ
谷川晃一画額「球根の会話」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「銅版画 II」

Koichi Tanikawa

1974年/銅版画 EA版限5 サイン、年記 17.5×25 額46.5×56.5 少シミ

SOLD
谷川晃一画額「銅版画 II」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「スイラン通り」

Koichi Tanikawa

1990年/リトグラフ AP版 サイン、タイトル、年記 33×45 額51×66.5

SOLD
谷川晃一画額「スイラン通り」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「泥の家」

Koichi Tanikawa

1989年/アクリル キャンバス サイン、年記 東邦画廊シール 額少割れ 21.5×26.5 額38×43

SOLD
谷川晃一画額「泥の家」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「緑陰」

Koichi Tanikawa

2007年/アクリル 紙 サイン、年記 裏にもサイン、タイトル、年記 25.7×11.5 額49.5×32

SOLD
谷川晃一画額「緑陰」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額

Koichi Tanikawa

1996年/水彩 ペン 色紙 サイン 年記 27×24 額38.5×35.5

SOLD
谷川晃一画額/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「30習作」

Koichi Tanikawa

1992年/水彩 紙 サイン 年記 23.5×27 額35.9×43.4

SOLD
谷川晃一画額「30習作」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「月・星・太陽3」

Koichi Tanikawa

1992年/パステル 紙 サイン 東邦画廊シール 26.5×38 額48×59.5

SOLD
谷川晃一画額「月・星・太陽3」/Koichi Tanikawaのサムネール

谷川晃一画額「月・星・太陽2」

Koichi Tanikawa

1992年/パステル 紙 サイン 東邦画廊シール 26.5×38 額48×59.5

SOLD
谷川晃一画額「月・星・太陽2」/Koichi Tanikawaのサムネール
 
▲ページの先頭へ