赤穴宏
[Hiroshi Akana]

1922-2009 日本(北海道) 1943年、東京高等工芸学校工芸図案科卒業。 1946年に田園調布純粋美術研究所に入り、猪熊弦一郎の指導を受ける。 1947年、第11回新制作派協会展に初入選し、以後毎年出品を続ける。 1950年代に入るとアンフォルメル旋風の影響もあり、構成的な画風や抽象画を描くようになる。 1971年ごろから、抽象絵画から具象絵画に移行。 1982年、千葉大学工学部教授退官、名誉教授となり、武蔵野美術大学造形学部油絵学科教授を務める。 2005年、中村彜賞受賞。

赤穴宏[Hiroshi Akanaの買取

赤穴宏画額「壌」

Hiroshi Akana

1961年/油彩 キャンバス 裏木枠にサイン、タイトル、年記 F100号 164.5×133

高額商品のため価格はお問い合わせください
赤穴宏画額「壌」/Hiroshi Akanaのサムネール

赤穴宏色紙「天心北路 南山之の道」

Hiroshi Akaana

水彩 墨 サイン 落款 共タトウ 24×33.5

¥20,000
»»詳細へ
赤穴宏色紙「天心北路 南山之の道」/Hiroshi Akaanaのサムネール

赤穴宏画額「水の遺跡」

Hiroshi Akana

1959年/油彩 キャンバス サイン 裏面にもサイン、タイトル、年記 32×41 額51×60

SOLD
赤穴宏画額「水の遺跡」/Hiroshi Akanaのサムネール

赤穴宏画額「卵三ツのある静物」

Hiroshi Akana

1997年/油彩 キャンバス サイン 裏面にもサイン、タイトル F4号 23×32.5 額44×53

SOLD
赤穴宏画額「卵三ツのある静物」/Hiroshi Akanaのサムネール
 
▲ページの先頭へ