関根伸夫
[Nobuo Sekine]

1942- 日本(埼玉県) 日本発の現代美術ムーブメント「もの派」を代表する芸術家。 68年多摩美術大学大学院油画研究科卒業。同大学で斉藤義重に師事。 同年10月には神戸の須磨離宮公園で、「位相-大地」を制作。戦後日本美術の記念碑的作品と評され、海外でも広く知られる。 その後、「公共空間を活性化させるアート」に関心を移し、1973年環境美術研究所を設立。東京都庁舎シティーホール前の「水の神殿」をはじめ、さまざまなモニュメントやプロジェクトを実現している。

関根伸夫[Nobuo Sekineの買取

関根伸夫作品「空相、油土」

Nobuo Sekine

2010年/オイルクレイ 台座にサイン、年記 40×35×35

¥700,000
»»詳細へ
関根伸夫作品「空相、油土」/Nobuo Sekineのサムネール

関根伸夫版画額「空の穴のような」

Nobuo Sekine

1980年/凸版箔押し+型抜き サイン 少シミ 17×19 額52×43.5

SOLD
関根伸夫版画額「空の穴のような」/Nobuo Sekineのサムネール

関根伸夫画額「二つのピラミッド」

Nobuo Sekine

1988年/位相絵画 共シール 27×22 額38.5×33

SOLD
関根伸夫画額「二つのピラミッド」/Nobuo Sekineのサムネール

関根伸夫画額「庭」

Nobuo Sekine

1988年/位相絵画 共シール 27×22 額39.5×34.5

SOLD
関根伸夫画額「庭」/Nobuo Sekineのサムネール
 
▲ページの先頭へ