須田寿
[Hisashi Suda]

1906-2005 日本(東京) 画家 小学校在学中に日本画家下村観山のアトリエに出入りする。洋画家を志し川端画学校に入学する。1926年、東京美術学校西洋画科に入学。長原孝太郎に師事。1940年から創元会に第一回目から出品するが1949年に創元会を退会。牛島憲之、飯島一次、大貫松三、榎戸庄衛、円城寺昇、山下大五郎と立軌会を創立し、以後、同会を中心に活動を続ける。この頃、ピカソやブラックなどのキュビスムに学び、対象を簡略な形態に還元して把握する画風へ移行し、70年以上におよぶ画業のなかで、大きな節目となる。54年、初めて渡欧し西洋の古代美術に打たれる。帰国後、渡欧中で印象に残った異国の生活の風景、特に人と家畜のいる光景を描くようになり、1963年北九州の装飾古墳を見学して感銘を受け、古墳をモティーフとして描く。 官展作家として活躍したアカデミックな画風から、立軌会創立後、再現描写にとらわれない内省的思索を絵画化する作品へと移行し、暗褐色、暗緑色を基調とする色数を限った色調と独自のマチエールを特色とする作品を制作した。

須田寿[Hisashi Sudaの買取

須田寿水彩画「カスパ遠望」「カスパ遠望」

須田寿

水彩 Watercolor サイン、タイトル、裏面にもタイトル 39.5×55 

¥40,000
»»詳細へ
須田寿水彩画「カスパ遠望」「カスパ遠望」/須田寿のサムネール

須田寿画額「アッピアの道」

Hisashi Suda

水彩 紙 サイン 裏にもサイン、タイトル 日本美術家連盟シール 30×24 額44×36.5

SOLD
須田寿画額「アッピアの道」/Hisashi Sudaのサムネール

須田寿作品「Portogal」

Hisashi Suda

ペン 紙 サイン、タイトル 30×22 S:22×9.5

SOLD
須田寿作品「Portogal」/Hisashi Sudaのサムネール
 
▲ページの先頭へ