馬場彬
[Akira Baba]

1932-2000 日本(東京) 画家 1955年東京芸術大学美術学部洋画科を卒業。美術団体に属すことなく、1955年に開設されたサトウ画廊の相談役をつとめ、1956年の初個展から同画廊で多くの個展を開催した。 1960年第4回シェル美術賞展に油彩画の「作品No.1」「作品No.2」「作品No.3」「作品No.4」を出品し3席となる。 1984年に当時の西ドイツに渡り、1986年までケルンに滞在する。帰国の年、東京のMギャラリーで個展を開催して滞欧作を発表。 初期から、平板な色面の幾何学的形体をモチーフに色と形が画面に作り出す調和、均衡、動きを模索し、吉仲太造、深沢幸雄らとともに戦後の抽象絵画の主要な作家の一人として活躍した。

馬場彬[Akira Babaの買取

馬場彬画額「作品」

Akira Baba

1965年/油彩 キャンバス サイン、年記 F3号 27×22.5 額33×28

¥150,000
»»詳細へ
馬場彬画額「作品」/Akira Babaのサムネール

馬場彬作品

Akira Baba

1981年/油彩 キャンバス サイン シミ 32×41

SOLD
馬場彬作品/Akira Babaのサムネール

馬場彬画額「作品」

Akira Baba

1984年/ミクストメディア 紙 サイン、年記 36×43.5 額47.5×55.5

SOLD
馬場彬画額「作品」/Akira Babaのサムネール

馬場彬画額「Work」

Akira Baba

1996年/アクリル 木材 サイン、年記 11×33 額25×44.5

SOLD
馬場彬画額「Work」/Akira Babaのサムネール

馬場彬画額

Akira Baba

ミクストメディア 紙 サイン 45×51 額59×77.5

SOLD
馬場彬画額/Akira Babaのサムネール
 
▲ページの先頭へ