高山樗牛
[Cyogyu Takayama]

1871-1902 日本(山形県) 評論家。本名、林次郎。東大哲学科卒。在学中に執筆した歴史小説「滝口入道」で認められるが、その後小説を書いていない。早大・東大で教鞭をとる。「太陽」を中心に明治中期の論壇で活躍。「美的生活を論ず」で反響を呼んだ。代表作「滝口入道」「時代管見」「文芸評論」などがある。

高山樗牛[Cyogyu Takayamaの買取

高山樗牛書簡

明23年/斎藤親信(樗牛の父)宛 毛筆31行 封筒欠 明治26年8月7日

¥75,000
»»詳細へ
高山樗牛書簡/のサムネール

高山樗牛書簡

明23年/斎藤親信(樗牛の父)宛 毛筆39行 封筒欠 明治34年8月8日

¥85,000
»»詳細へ
高山樗牛書簡/のサムネール

高山樗牛書簡

明23年/斎藤親信(樗牛の父)宛 毛筆39行 最後の部分ヤブレ 封筒欠

¥50,000
»»詳細へ
高山樗牛書簡/のサムネール
 
▲ページの先頭へ