高山登
[Noboru Takayama]

1944- 日本(東京都) 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。 枕木や鉄、ワックスなど物質感の強い素材によって特定の場所を緊密な空間へと造りかえ、東洋的日本的独自性による活動を行っている「もの派」周辺の作家。 歴史と物と形象の関係性を構成したインスタレーションで日本の現代美術における重要な役割を果たしている。

高山登[Noboru Takayamaの買取

高山登版画額「遊殺Ⅱ」

Noboru Takayama

1975年/シルクスクリーン 限50 サイン 51.5×36 額74.5×56.5

¥100,000
»»詳細へ
高山登版画額「遊殺Ⅱ」/Noboru Takayamaのサムネール

高山登版画額「サンライズサンセットS-2」

Noboru Takayama

1993年/シルクスクリーン 限12 サイン 31×49 額56.5×74.5

SOLD
高山登版画額「サンライズサンセットS-2」/Noboru Takayamaのサムネール
 
▲ページの先頭へ