企画展示「池田龍雄」

 

池田龍雄展

5月の企画展示は、アヴァンギャルド芸術家・「池田龍雄」を開催します。

会期:2017年5月1日(月)~5月29日(月)

1928年に佐賀県に生まれた池田龍雄は、海軍航空隊に入隊し特攻隊員として17歳で敗戦を迎えました。
戦後、既成の権威や秩序に縛られずに自由な表現の世界に生きようと決意して多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)へ入学します。
やがて岡本太郎や花田清輝らの研究会に参加し、前衛芸術の道を歩むようになりました。

1950年代には社会問題への関心を高め、絵画によるルポルタージュの可能性を探り炭鉱、内灘・立川などの基地闘争、水爆実験、日本の再軍備などをテーマとした作品を次々と発表し注目を集めました。
その後も美術界の第一線で活躍し、丸木美術館で毎年開催している「今日の反核反戦展」にも出品を続けています。

本展示では、戦後日本美術に強い軌跡を遺してきた池田に関連付け、
岡本太郎含むアヴァンギャルド運動関連の作品も展示します。

戦後日本において、既成の美術表現に飽き足らず、
新たな美の創造を求め実験的作風を試みた美術作家たちの作品をこの機会に是非ご覧下さい。

 

協力 gallery a-cube

   
   

前のページに戻る

▲ページの先頭へ